2016年11月20日

霧の深い朝

日曜日
 今日も、筑波サーキットへ旗振りに。
 5時頃出発した頃はそんな気配も無かったが、利根川を渡り取手に着くと少し霧が出始めていた。
 小貝川を渡りつくばみらい市に入ると、霧が出て来た。
 再び小貝川を渡り常総市水海道に入ると、ますます霧が深くなった。
 R294のバイパスでも、視界が悪く見通し100mも効かない。
 片側2車線の道路も、気を付けて左側を淡々と走行し、6時20分頃筑波サーキットに到着。
 サーキットは霧が深く垂れこめ、コース内が見通せない。
 隣の監視ポストが、何処に在るか判らない。
 黄色や赤や緑の回転灯を点灯しても、全く見えない。
 8時走行開始の予定だったが、視界が効くようになるまで待機。
 サーキットでは、コースの状況を旗で伝える。隣接する監視ポスト間で、旗か信号灯の視認が出来なくては、安全とルールの確保が出来ない。
 15分ずつ延ばしていったが、結局55分遅延して、ようやくレース開始となった。
 日没時刻になると、危険な状況となるため、終了予定を当初の日没時刻前になるよう、スケジュールを調整。
 決勝の走行を70%に短縮して、開催された。
 
 同じコースポストに入った3人は、偶然皆今年還暦。3人で、180歳。
 高齢化は、こんなところにも迫っている。



【 昨夜から朝 】
 23時頃布団を被って就寝。2時頃TVの音で目を覚まし、TVを消す。
 4時起床。睡眠時間、約5時間。
 5時、出発。6時20分、筑波サーキット到着。


【 昼 】
 お昼は、主催者用意の、豪華な洋風幕の内弁当。
 4時頃、イベント終了。4時40分頃解散となり、帰路に着く。
 18時20分頃帰宅。


【 夜 】
posted by 野内 悟 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック