2018年09月19日

北海道は電力需要小さい

水曜日
 昨年、あちこちで多く見た、白と黒の模様に赤い星のある見栄えのする蝶々は、アカボシマダラと知った。
 なんと、日本では移入個体群である名義タイプ亜種が「要注意外来生物」に指定されているという。

 今年は、昨年ほど目にすることが無い。

 思えば、あの蝶々は、昨年突如多く目にした。それも、不自然だった。

 北海道全域の最大需要電力は、380万キロワットでしかない。
 東京電力の柏崎刈羽原発は、ほとんどが1基100万キロワット以上。発電所の総出力は、821万キロワットに達する。
 北海道の電力需要は、東電の1原発で軽々と賄えるほど、僅かなものだと驚く。
 それは何故かと考えると、電力を消費するような産業がないのではないか。
 人口が少ないから、電力消費が少ない。真夏の冷房による電力需要が、気温が低いから小さい。
 冬の暖房によるエネルギーは、関東などとは違って、主力は石油。
 だから、北海道の電力需要は小さいのだろう。

 地方の産業経済が、縮小しているから、電力消費が小さい。


 
【 夜 】
 22時からTBS−TV「義母と娘のブルース」を見る。
 23時半頃、酔いつぶれて眠り込む。4時起床。睡眠時間、推定4時間半。
 朝食を整え、始発で出勤。
 通勤の伴は、今日はスマホでダイヤモンドオンライン。
 柏の葉キャンパス駅から事務所まで、約18分52秒。

【 昼 】
 お昼のニュースでは、北海道電力の苫東厚真発電所(厚真町)の1号機の再稼働。
 あの火力発電所は、全体でも165万キロワット。
 

【 夜 】
 18時頃退社。
 柏の葉キャンパス駅まで、約17分35秒。
 柏の葉キャンパス駅周辺の高架下に建設された、居酒屋や飲食店向けの貸店舗長屋「かけだし横丁」に、ぽつぽつ店が開店し始めた。
 毎朝、店の前を通ると、昨夜のグラスがカウンターに並んだままで始末がよく出来ていない店へは、利用する気にはなれない。
 おおたかの森SCのセントラルに寄る。
今日のトレーニングメニュー
心肺系 + 筋力系
内容・利用マシン 時間 消費Cal
ストレッチ約5分間
筋力系マシンジム 10種
ダンベル11種各1セット
約1時間
エアロバイク(リカンベントタイプ)30分間292kCaL
ストレッチ約12分間

体重の変化
開始時 終了時 減少量
60.70kg59.501.20kg

 さすがに平日の夜だから、老人が居なくて程々の混みようだった。
 
posted by 野内 悟 at 23:19| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。