2018年09月26日

中国の歴史は、史実ではない。

水曜日
 帰宅途中の電車の中で、スマホで日経オンラインを読む。
 興味深く読んだのは、福島 香織さんのコラム「教科書改訂で毛沢東の文革再評価、習政権の狙い」

 「歴史とは歴史的事実を時系列に整理したものだと考えている日本人と、歴史とは権力の正統性を維持するために作り上げるものだとする中国人」
 
 この考察には、納得する。

 中国では、『自分の直前の王・指導者たちのやってきたことを過ちや罪として喧伝することで自分の権力の正しさを印象付ける』ことで、新しい王は自らの権力の正しさを喧伝する。

 韓国で、前の大統領がとことん悪者にされ罪に問われるのも、同じロジックなのかな。
 
 さすがに、小中国というところか。

【 昨夜から朝 】
 23時前に酔いつぶれて眠り込む。4時起床。睡眠時間、推定5時間。
 久しぶりに、ストレッチ。
 なんと、3kgのダンベルを頭の後ろに背負う腹筋運動が、きつい。
 いかん、やはり毎日しなきゃ、衰える。
 ストレッチ後、朝食。
 5時50分の北総線で出勤。東武野田線六実駅で、大宮行に乗り換えてゆったりと座って行く。
 この時間帯が、喧しい中高生が居なくて、快適だ。
 柏の葉キャンパス駅から事務所まで、約18分38秒。信号待ち等のロスタイム、約5秒52。

【 昼 】
 お昼のニュースは、アメリカ大統領の国連での演説と、諸国の対応。
 日本のぼんぼん総理は、またもピンぼけな演説。

【 夜 】
 20時40分頃退社。小雨がはらはら、傘を差そうかどうか迷う程度の雨。
 ところが、新鎌ヶ谷では、傘の必要なしっかりとした雨。
 天候は、東西よりも南北の違いに、差が大きくでるようだ。
posted by 野内 悟 at 23:16| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。