2023年11月26日

寒さに震えた

日曜日
 今日は、筑波サーキットへSCCN主催のレースに、コース委員として参加。
 コースポストに入って、旗を振るのは楽しい。
 
 陽射が無く、霧雨が降る一日になった。
 11時頃は、冷たい風が吹き、霧雨で濡れて風でお煽られ、寒さに震えた。
 ポスト内は、エアコン暖房で温めていたが、足元の寒さに耐えきれず、電熱線のヒーターを点けてしまった。
 サーキット最寄りの下妻のアメダスの記録では、9時から正午までの気温は6℃以下。
 天気予報で、気温が低いと予想されていたので、対策としてセーターを着こみ、ワークマンの中綿ジャンパーで備えた。
 11時頃、風が襟元から吹き込みすごく寒かったので、襟を立てて首筋を守ったら、幾分寒さの緩和を見た。

 レースも、雨と低温の為に、レースにならないクラスもあった。
 またいろいろトラブルも頻発。タイヤの温度が上がる前に、濡れて低い温度の路面のため、スピンする事態が連続。
 しかも、その時は何故かワシがコースを監視し、旗を振っていた。
 まるでワシが、トラブルを呼びこんだようではないか。
 
 今年の冬初めて、寒さに震えた。
【 昨夜から朝 】
 20時頃から、T−Verで『いちばんすきな花』『ONE DAY』を見る。
 23時頃、眠り込む。1時頃目が覚め、布団を敷いて就寝。
 3時半頃起床。睡眠時間、推定4時間。
 朝食後、コーヒーを淹れて飲む。
 4時半頃、筑波サーキットへ向かって、車で出発。
 5時50分頃、筑波サーキット到着。
 流石に土日の朝は、道が空いているし、異様に遅く走る車もまだいない。
 

【 昼 】
 正午頃、主催者提供のお弁当で昼食。
 寒さと時間的に余裕が無く、多少の過熱不足も気づかずに食べた。
 16時頃、走行終了。
 16時半頃、帰路に着く。
 途中、あまりの眠さに、コンビニに寄ってガムを購入。


【 夜 】
 18時半頃帰宅。
 予想よりも、1時間早着。
 天候が悪くて、一般人が出歩いていなかったのか。
posted by 野内 悟 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック