2022年06月24日

珍しい

金曜日
 尼崎市の、USBメモリー紛失事件には、笑ってしまった。
 孫請けの者が、認められていない方法であるUSBメモリーでデータを持ち運び、データ移行作業を行った。
 持ち出したデータは、移行作業後消去する決まりだったが、それを無視して持ち帰った。
 帰宅途中、居酒屋に寄って痛飲。帰宅途中、路上で寝込む。気づいたら、カバンごとUSBメモリーも無くなっていた。

 次に、尼崎市の対応が、アホらしいほどの、ボケ対応だった。
 『USBメモリーには、パスワードが設定されている。』ここまでは、良かった。
 ところが、パスワードが英文字13桁だと、暴露した。

 こんなことでは、セキュリティ対策で、やってはいけないこと満載。
 
 まさに、セキュリティ対策の事故事例の、ロイヤル・ストレート・フラッシュだ。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月22日

参議院選挙始まる

水曜日
 BS−TBSで、食品とエネルギーの自給率をみて、唖然とした。
 先進各国の中で、無策としか言いようがない。
 40年前から、米が余り始め、自民党は減反政策を進めた。
 するとどうなったか。
 米作が減ったことと農業機械化も手伝って、地方の農業従事人口が減り、過疎化を促進した。
 米の作付けを減らした分の農地の他の農作物への転用を進めず、農地を減らし続けた。
 これが、食料需給率を下げ続けたと言えるだろう。

 50年来の自民党の政策は、食糧安全保障を全く考えていない能天気なもので、地方の衰退を進めてきたものだ。

 日本には、エネルギー資源も、鉱物資源も乏しい。
 戦後の発展は、加工貿易で原料を輸入し、製品を輸出して差額を稼いで外貨を得て来た。
 それには、科学技術の発展が欠かせない。
 教育にもっと投資をして人を育てることが、日本の生きる道だ。
 国公立大学の年間授業料は、昭和45年頃までは、年間2万円程度だった。だから、勉強して大学受験にパスすれば、大学の学生寮に入ってアルバイトして、大学に通えた。
 それが、今では年間授業料は70万円近い。これでは、学生がアルバイトして学費を生活費を稼ぐことは、難しい。
 だから、経済の点で大学受験を諦める者が多くなり、優秀な人材を育てる機会を逸している。
 国公立大学にもっと投資して、人材育成をすべきだ。

 すなわち、今上記の視点を失って来た自民党は、日本衰退政策を執って来たと言える。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月21日

ポイント付与だとぉ

火曜日
 岸田政権は、この夏の電力抑制策として、省電力に努めた世帯などに、ポイントを付与すると言い出した。
 個人や世帯にたいしても、電力消費を抑えた場合に、ポイントを出すという『アメ』を出して電力需要を下げる政策。
 何を基準に、判断するというのか。
 このポイントを付与するというのは、その判定にもポイント付与にもコストが掛かる方法だ。

 効果も疑問だ。
 電力需要のピークを抑制するのが、本来の目的のはず。
 単に、月間の電力消費を下げても、意味がないだろう。電力ピーク時の消費を抑制した場合にポイントを与えようとするなら、スマートメーターで時間帯毎の電力需要を各家庭毎に計測比較しなければなるまい。
 そこまで考えの政策か。

 こんなことをしたら、年金生活の老人たちはポイント欲しさに真夏の猛暑の最中にエアコンを使わずに、熱中症になる者が出てしまうぞ。

 岸田政権は、電気料金を下げるために、石油元売り業者や電力供給業者に補助金を出す。
 
 どうして、消費税率を下げて、費用全般の負担を下げる方策をとらないのか。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月16日

投票所入場整理券が届く

木曜日
 7月10日の参議院選の、投票所入場整理券が届いた。
 7月というと、まだまだ先のことだ。

 自民党に投じる気は、さらさらない。
 現在の岸田内閣は、総裁選の頃の積極姿勢を引っ込めて、『安全運転』で殆ど無為無策を決め込んでいる。
 経済政策も、財務省の言いなり。
 景気対策に、減税をする気は毛頭なく、特定の業界に補助金を出して対応。
 そのため、物価が原油高によって、広範囲に上昇しているのに、押し下げる効果はガソリンにしか出ていない。
 車を持たない低所得者層には、まるで関係なく負担が上がって行く。
 新型コロナの感染者数は、ゆっくりとした動きでしかないが幸いにして減少していて、内閣支持率を上げている。

 しかし、野党でも積極的に支持できる政党も、見当たらない。
 野党は、政府の経済政策をガンガン批判したらいいのに、消極的。
 どうしたモノか。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月14日

筋トレは週に30分から1時間だって

火曜日
 日経goodayの今日のページに、『筋トレは週に30〜60分がちょうどいい』というのがあった。
 『死亡リスク、脳卒中や心筋梗塞などの心血管疾患のリスク、がんのリスクが最も低下するのは「1週間に30分から60分程度」行った場合であることが、複数の研究のデータを統合解析した研究(*1)で明らかになりました。』
 だと。
 週に60分って、3日に一度行っても、1回あたり30分だ。

 こんなことで、何が出来るのだろう。

 ワシは現状では、週3回1回あたり約1時間20分、1週間で4時間。
 これでも、インターバルを短めにして、集中して行っている。

 別に長生きしたくて筋トレをしている訳ではない。
 心地よく日々過ごすために、やっている。
 体に、心地よい刺激を加え、その時に集中することによって、ストレスを解消する。
 程よく汗をかき、シャワーを浴びた時の快感。

 それがあれば、それでいい。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月09日

主張は正当

木曜日
 立憲民主党が、内閣不信任案を提出。
 その理由は
 岸田内閣が「一貫して無為無策」なためだ。
 『何もしない』ことを安全運転と呼んではばからない厚顔無恥な政権がこれ以上続くのは、日本のためにならない。
 特に物価高対策が不十分だ、「『岸田インフレ』は亡国の道」だ。首相が「令和版所得倍増」の代わりに「資産所得倍増プラン」を掲げたことは「投資信託のコマーシャルのよう」だ、「今この日本で、どれだけの人が乏しい生活費の中から投資にまわす余力があるだろうか」
 
 この主張は、真っ当なものだ。
 
 これにどうして他の野党が同調しないのか。

 また、自民党の議員に、賛同する者がいないのか。

 岸田総理は、昨年の自民党総裁選の頃の自らの主張を、一体どこへ放り投げて来たのか。
 自分の主張や政策を、どうしてここまで取り下げてしまったのか。

 
 

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月08日

無駄なこと

水曜日
 なんやら、国民の全世代に、歯科の検診が義務付けられるという、方針が公表された。

 よけいなお世話である。
 
 聞けば、歯周病の検査予防が、主眼だという。
 
 ここ数年、子供の虫歯に掛かっている割合は、ぐんと減ってきている。
 ところが、政府の歯科医育成の姿勢は、30年前から継続してきているため、歯科医がどんどん世に出されている。
 
 この国民の歯科検診義務化は、増え過ぎた歯科医の救済策ではないかと、うがった見方をしてしまう。

 日本人は、何も健康に問題の無いことを証明してくれる『検査』が、大好きだ。
 人間ドックも、同じ仕組みの検査である。

 検査など、体調が悪くなった時に、原因究明・現状把握の為に行えばよい。

 こうやって健康不安をあおり、国民の負担を増やそうという、疚しい考えだろう。

 岸田政権は、総裁選の頃の『分配を加速する新しい資本主義』は、さっぱり口にしなくなった。
 『骨太の方針』は、まるで骨抜きの方針だ。

 資産倍増として、国民の金融資産を投資へ向けようとしている。
 株式投資へ銀行の預金やタンス預金が回れば、そこから税収が見込める。
 結局、岸田総理の政策は、国民から税金をもっと吸い上げようとする試みにしか見えない。

 もっとも、投資に回す資産がある人は、裕福なのだ。
 一般の年金生活者や、非正規労働者は、投資に回す資金などない。
 株式投資は、博打の側面があり、元本割れの危険があることを忘れてはいけない。
 そこが、預金との大きな違いだ。
 貧乏人は、とてもとても『投資』に回す金などない。


 
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月31日

教育が重要

火曜日
 大学の研究費を、ファンドの運用益でまかなおうという、政府の方針が示された。
 株式などで、運用益を生んで、それを効果の上がった順に大学に振り分けようというモノらしい。
 利益が出るのが確実ではないのに、そんなことで良いのかな。

 現状では、大学に研究員として残った学生は、30歳くらい迄殆どがぎりぎりの生活だと聞いた。
 大学の研究予算が乏しく、若い研究者はアルバイトをしないと、生活困窮者となるのが現実。
 現状は、研究者の意欲で、何とか維持している状態だそうな。

 現在では、大学進学は親の年収で諦めざるを得ない状況になり、『親がちゃ』と云われる。
 
 団塊の世代が大学へ進学する昭和45年頃受験戦争と云われたが、国公立大なら学費は安くアルバイトで学費を払い生活することも可能だった。
 当時の国立大の学費は、年間1万2千円。
 それが平成28年で、年間約54万円。

 日本は資源の無い国土だから、人に投資して国益をあげるしか、国を維持する方法が無い。
 それなのに、国は人への投資、すなわち教育に金をかけていない。

 『新しい資本主義』とか云って国民に投資を呼びかけるよりも、国は教育にもっと金をかけるべきだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月25日

何が真実なのか

水曜日
 柏通信所近くの、防衛省の官舎4棟が建設仮囲いで封鎖されていた。
 下総基地の向かいの官舎も、解体が始まっている。
 これは、新築の為なのか、ただ国の資産を売却して、一時利益を得たいだけのか。

 今朝、柏駅から大堀川沿いを歩いて勤務先へ向かう途中、北朝鮮がミサイルと思しき飛翔体を発車したとニュースを聞いた。
 次々と続報が入り、発射した飛翔体は3つだそうな。
 
 実に不思議な国だ、北朝鮮は。
 国民の1割強が、新型コロナによる発熱を来たしている時に、もの凄い費用の掛かるミサイルを3発も放った。
 その資金は、一体どこから調達しているのだろうか。
 
 あるサイトの情報では、北朝鮮の優秀なソフトウェア技術者が国籍を偽って世界中で活躍し、その利益を北朝鮮に送っているらしい。
 それほどまでに、北朝鮮の技術者は優秀なのか。
 凄く、勿体ない気がする。
 その外貨を、国民の生命と健康の為に活用するのが、国の主導者の義務ではないのだろうか。
 北朝鮮の主導者は、戦争相手の国からの脅威を排除するために、強烈な反撃能力として核兵器と大陸間弾道弾を手に入れている。
 あの国の主導者の言い分は、『これが我が国を守る道』なのだ。
 
 日本も周辺国の軍事的な脅威に対抗するために、『反撃能力』を持とうという主張を与党は始めた。
 
 実際に行うことは、周辺の不穏な国と、変わるところが無い。

 ワシは、西側の民主主義国家の思想・宣伝に染まっているから、現在の世界を覆う危機は全て東側の社会・共産主義国家がもたらしていると思い込んでいる。
 

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月23日

理解不能

月曜日
 新聞の世論調査の結果を見て、まぁこんなものかと思う。
 内閣支持率は59%と凄く高いが、経済政策を『期待できる』は34%『期待できない』は56%。
 岸田総理の経済政策の方向性は、隙あらば『増税』だし、景気対策として『減税』は全くやりそうにない。

 今の日本の景気低迷の一因は、3年前の消費税増税だ。
 
 ガソリンの価格抑制策も、成果が期待できない元売りへの支援金支給。
 減税となる、トリガー条項の適用を何故しない。
 財務省の云うことをよく聞く岸田総理は、減税は行わず、予備費から元売りに金を出しまくっている。
 国の財源から支出するのは惜しまず、歳入となる税金は減らさない。
 両方減らせば、差し引きで同じだろう。
 
 何故、国民の痛みを軽減する、減税を選択しないのか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月18日

オートレース選手養成所

水曜日  年休
 今日は、TMAC主催のA級ライセンス講習会付きサーキットタイムアタックの審査委委員長として、筑波サーキットで過ごした。

20220518_筑波サーキットホール.JPG 今週は、どんよりした天候が続いたが、今日はとても良い天候となった。

 ライセンス講習会の座学の時間は、ワシは何もすることが無かったので、駐車場で車を洗った。
 また、雨続きて湿った車のボディカバーを、フェンスにかけて干した。

20220518_筑波養成所.JPG 筑波サーキットの主施設である、オートレースの選手養成所のオーバルコースに、立派な看板が設置されていた。
 ワシらが利用している、全長2.045kmの筑波サーキットのコース2000は、このオートレース養成所の補助施設なのである。

 オートレースの選手候補生は、今年も4月から筑波の寄宿舎に詰め込まれ、研修を積んでいる。

 候補生希望者はとても多く、狭き門らしい。
 何処かの公営ギャンブルは、しきりにTVCMを行っているが、オートレースやJRAの競馬学校は、CMなど必要ないほど、選手希望者が多い。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月11日

業務用使用の禁止

水曜日
 ワシは、アマチュア無線の免許を持っている。
 これは、35年位前に自動車競技のイベントで、連絡するために無線が必要だったから、半日勉強して試験を受けて取得した。
 暫く使用していたが、レースやジムカーナの際の使用は、『業務上の使用』に該当する為、出来なくなった。
 それ以来、無線局免許も、更新せず失効した。

 筑波サーキットなどでは、登録の必要な業務用無線を使用している。これは、サーキット内なら十分に届く。

 他のクラブでは、連絡用の無線機は『特定小電力』になってしまった。

 免許の要らないあの無線機は、空中線出力が小さくて、筑波サーキットの場合サーキットホールからタワー下のパドックに届かない。
 先日も免許不要の無線機で、富士スピードウェイのジムカーナ場で使用したが、見通し距離100mでしかないのに、電波が届かない場合があった。
 
 アマチュア無線のハンディ機では、500mW出力で2km先まで余裕で届いた。
 また、10W出力ならば、日本中の会話が可能だった。

 先日事故を起こした知床遊覧船は、アマチュア無線機を業務用として使用していたと報じられた。
 
 あの会社は、通信設備に関する、順法姿勢が欠如している。
 
 あの社長は、運行管理者の責務や、運行管理規定についても、殆ど無知であったのでは。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月28日

もし先制使用されたら

木曜日
 国連事務総長との会談で、ロシアの大統領は国連を見下した態度を取った。
 あんな国が安全保障理事会の常任理事国であることが、間違いだろう。

 安保理の決議の際、拒否権が発動できるのも、オカシイ。
 紛争当事国は、議決権も拒否権も、あるのがおかしいだろう。

 だから、ロシアは増長したのではないか。

 ロシアは、核兵器の使用を匂わせる発言をした。
 万一、ロシアが核兵器を使用したら、世界はどう対処するのだろうか。
 如何なる制裁を課すことが出来るのだろうか。

 まさか、核兵器によってロシアを攻撃する訳には、人道上出来ないだろう。
 ロシアの一般国民を、核攻撃で巻き込むなんて、国連の加盟国は決議出来ないだろう。
 核兵器は、使えない兵器と云われているが、使ったことに対する報復として使うことができない。
 相互に核兵器を使い続けたら、地球が崩壊してしまう。

 すると、ロシアの核兵器によってウクライナは消滅してしまい、『使ったもん勝』状態になってしまう。
 地下資源や農産物の宝庫であるロシアには、有効な制裁が加えられず、EU諸国や国連も、非難声明をだすのが精いっぱいかも。
 プーチン大統領の高笑いが聞こえるようだ。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月27日

屋外は、マスク無解禁か

水曜日
 GW中の、新型コロナの対処方針が、検討されている。
 中でも、マスクの装用義務化が、緩和されそうだ。
 屋外の開放空間では、マスクを不要とするらしい。
 とても有り難い。

 屋外でマスクを着けて歩いているが殆どだが、鼻を出している人や顎に引掛けている人が多い。
 鼻を出していると、鼻からの呼気を勢いよく放出していることになるので、好ましくない。
 その原因は、『メガネが曇るから』というのが、大きな要因だろう。
 でも、鼻をだしていては、マスクの効果が無いだろう。

 鼻を出すくらいなら、ワシはマスクを外す。

 今日くらいに気温と湿度が高くなると、マスクは暑く感じる。
 ほんと、マスクは嫌いだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月25日

暖かい

月曜日
 朝から、暖かい。
 今朝から通勤時の服装を、軽い夏向きに変更。
 長袖のUVカットのTシャツに、半そでポロシャツ。
 ちょっと寒いと感じた時に備え、ポケッタブルパーカーを持って行った。
 日陰では、多少ヒンヤリと感じたが、歩くうちに背中は汗ばむ。

20220424_眠る.JPG こんな日は、屋外の林の木陰の椅子にすわって、文庫本でも読んで過ごすのが一番。

 貧乏な年寄りは、生活の為に働かなければならない。

 不労所得で、のんびり暮らせたらいいなぁ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月22日

防衛費の増大は必然

金曜日
 国家の防衛に関わる姿勢を示す文言で、自民党は『敵基地攻撃能力』を『反撃能力』に変えようとしている。
 今まで、憲法9条の観点から、『専守防衛』を謳ってきた。
 国家の領土や国民を守るためには、他国が日本に武力攻撃を仕掛けようとした場合、倍返しされると想定される軍事力を日本が所有していたなら、他国は日本への攻撃・侵略を躊躇るだろう。
 だから、その為の能力を具備することが、武力行使を防ぐ力になるという考えだ。
 やられたらやり返すに十二分な軍事力を持つことが、国を守る有効な施策である。

 ロシアのウクライナ侵略も、ロシアが地球を壊滅させるに十分な核兵器を所有しているから、NATOも国連も踏み込めない。
 北朝鮮は、攻撃力を持てば、他国が干渉できなくなる。反撃力を持てば、他国は攻撃を躊躇う。そう判断して、核兵器を手に入れた。

 防衛予算を、現状のGDP比1%から2%へ、増加する意向だ。
 当然だと思う。
 過去20年間、日本のGDPは停滞しているため、連動して防衛予算も殆ど停滞。
 でも、人件費は待遇改善のため、増やしていくことは必須。
 元になるGDPが増えないから、日本の防衛予算も停滞中。
 
 中国は、尖閣に侵略の兆し見せており、海自も空自も対応を繰り返すから、燃料代が嵩んでくる。
 災害応援も年々増えており。防衛費が増加するのは、必然である。

 また、日本の近隣の危険な国々から国を守るためには、新たな性能・機能を具備した新装備が必要であり、その開発費が嵩むのは必須。

 たとえて言えば、戦わずして勝つ。そのための備えを日本は持つべきである。
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月12日

なんで公開しない

火曜日
 衆議院議員の資産が、公開された。
 
 でも、なんか変だ。
 どうして、資産0(ゼロ)の議員が、77人もいるのか。
 朝日新聞の記事を見ると、公開になっていないだろう。
 閲覧場所は、なんと永田町の衆議院第一議員会館の1ヶ所だけ。
 『公開』と謳うのなら、ネットで公開すべきだろう。

 資産0の議員の謎は、普通預金を効果対象にしていないことと、不動産や有価証券など名義が議員の配偶者や子供の名義になっているからだろう。

 実質的に生計を共にしている人間は、同じ資産を共有しているのだから、議員の資産として計上すべきだ。
 

 全くもって、折角制定した国会議員資産公開法が、時代遅れなことが明白。

 政府は、デジタル庁を新設したのだから、なぜデジタルツールを活用するように動かないのだろう。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月17日

マンボウ解除

木曜日
 新型コロナウイルスの蔓延防止措置が、3月21日で解除されるという。

 まぁ、有効な対策だったかどうか、全く検証されていないのだから、続ける意味も希薄だ。
 いくら新規感染者数が、減少傾向にあると云っても、絶対数は第5波の頃に比べると圧倒的に多い。

 もうこれは、完全に『匙を投げた』と言っていい事態ではないか。
 政府は、責任を放棄した。

 というか、新型コロナを普通のインフルエンザと同じ感染症と扱いたいのだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:48| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月13日

春の陽気

日曜日
 今年初めての富士スピードウェイ。

20220313_朝焼け.JPG R246静岡県小山町菅沼の7・11で、水と昼食を購入。
 夜明け前の足柄山が、朝日にけぶっていた。

 流石に富士の裾野の夜明け前は、寒い。

20220313_朝の富士.JPG 富士山は、雪が少ない。

 富士スピードウェイでは、風が冷たくて陽射しが陰ると些か寒いが、雲が晴れて陽射しが降り注ぐと途端に暖かくなる。
 
 富士の裾野特有の、急に強い風が吹くと、風の冷たさにブルっと震える。

 午後からは風か弱まり、暖かく過ごせた。

 15時頃帰路に着き、R246で大井松田ICから東名高速に乗ると、いきなり渋滞。
 大和トンネルまで、緩慢な渋滞が続いたが、びったり停止してしまうような渋滞は無かった。
 これも、蔓延対策重点措置により、不要不急の外出を避けるように政府が叫んでいる効果なのか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:51| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月11日

11年経過

金曜日
 11年前と、同じ曜日。
 勤務先でも、あの地震の日のことが、話題になった。
 今の勤務先では、当時仙台に住んでいた人と近しい人もいて、生々しい話も聞けた。
 当時、宮城や岩手で津波に遭遇した人は、地震発生後情報が途絶して何が起こっているか分らなかったという。
 繰り返しTVで流れている津波の映像は、津波にあった人達は目の前の津波しか見ることが出来なかった。

 話をしていくと、阪神淡路大震災のことに話題は移り変わる。
 ワシの隣のひとは、当時大阪八事で震災に遭遇したという。
 
 やっぱり、直接経験した人の話は、 切迫感があり重い。

 あの地震のあとは、関東では計画停電とか、ガソリンの供給制限とか、色々不自由なことが続いたことを思い出す。
 
 半年後には、計画停電の苦い思いから、蓄電池による非常電源システムの提案をし、他社と協業して事業化の1歩手前まで話を進めた。
 が、当時の部長の判断で、計画は取りやめになった。
 今思えば、部長の決断は、正しかった。

 最近も、災害時の対応として大型モバイル電源や、発電装置のことが話題になる。
 
 これも、震災のあった3月の前後に、話題に上がるに過ぎない。
 このリスク回避の仕組みには、日本ではなかなか真剣に取り組んでくれない。
 喉元過ぎれば・・・・
 という感じが殆どだ。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:42| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする