2024年06月05日

自民党は信用できない

水曜日
 政治資金規正法の改正を巡て、自民党の不正ぶりが次々と明らかになって来て、賛成していた日本維新の会が態度を変えた。
 トップ同士の話し合いで修正案に賛成した後、自民党が維新の会との合意に反する内容の附則を勝手に追加。
 全く、だまし討ち。
 自民党が、今回の裏金を生んだ動機的な原因について、追及が不足で全く反省していないことの現れ。

 今日、自民党の再修正案で、維新の会と公明党が賛成し、改正案は採決されたらしい。
 
 内容は、まるでザル。

 政策活動費の領収書を10年後に公開すると提案しているが、「10年後に不正が発覚しても政治資金規正法の時効は5年。所得税法も時効になる。
 領収書を公開するとは云っても、黒塗りで出してきても良いのなら、意味が無い。

 結局自民党の議員の政治活動は、金をばらまくことが主たる行動で、領収書をとれない金の使い方になっているのだろう。

 殆ど、贈収賄の世界。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月24日

中国共産党は凶悪だ

金曜日
 大陸の中国は、まさに横暴の極み。
 自国の方針に沿わない隣国に、力による威嚇を公然と強行。
 しかも、その言い草は『我が国の主権を守るために、必要な行動である』。
 
 あの国というか中国共産党の行いは、まるで反社会勢力である。
 あのような勢力が、国連の安全保障会議の常任理事国であるなど、とうてい納得できない。

 あらゆる場面で、複数の国家との間で、力に拠る現状変更を強行。

 世界に複数ある専制国家は、ほぼ同じような姿勢を示している。
 武力による威嚇を、公然と行う。

 中国やロシアは、国連から排除すべき。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月22日

くだらない

水曜日
 政府は、給与明細に減税額を記載することを義務付けるという。
 『私が減税したんだよ』と、成果を宣伝したいのだろう。
 やった感をPRしたいんだろうが、その明細への記載の為の手間や費用は、誰が負担するのか。
 これこそ、税金の無駄遣い。
 定額減税だったら、ゴチャゴチャした税金の引き落とし額の計算をして税額を調整するのではなく、分り易く現金給付するほうが有難味が湧くだろう。
 全く分かりにくい政策を、アピールするためにメンドクサイことを、しようとしている。 
 総理の『私がやった』感を、宣伝したいだけ。
 犬が散歩中にマーキングするションベンの様な、くだらない政策だ。
 一体、誰の意見を聞いて、考えたものなのか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月21日

反省の無い党

火曜日
 国会の政治資金規正法に関する論議を見ると、自民党の案のアマアマさに呆れ返る。
 野田元総理の指摘に、深く同意。
 こんな案しか出せないのは、今回の裏金問題の原因究明が出来ていないからだ。
 事実の解明も動機的原因の追究もせず反省が無いから、領収書の開示が出来ないなどと弁明している。
 自民党は、原因究明をほったらかして、数の理論で泥棒法案を押し切る気か。
 
 そもそも、何故裏金問題を起こしたのか動機的原因を追究し、議員やそれを取り巻く人たちの根元的な考えを刷新しなければ、どんな法を作っても根本的な解決は出来ないだろう。
 国会議員は法を作るのが使命であるのに、自民党議員たちは自ら作ったその法の抜け穴をつくことを考えて自分たちの利益(金銭だけではない)を追及していたのではないのか。
 だから、『泥棒が泥棒を捕まえる法案を作っている』と揶揄されるのだ。

 政治資金規正法は、国会議員に作らせてはダメだ。

 さて、今日の東京新聞に、東大の授業料値上げ検討の記事があった。
 国立大の授業料は、今年間約54万円。
 ワシが学生の頃は、年間9千8百円だった。
 それが、年々倍々になって行き、今では学生がアルバイトして学費と生活費を稼ぐなど、夢のような事態。
 国は、国立大をどうしようというのだろう。
 国家の文化的・技術的な、頭脳の最高機関としたいのなら、もっと大学へ資金を援助すべきだ。
 基礎的な研究開発支援をもっと厚くしないと、日本からノーベル賞は生まれなくなる。
 
 学費を下げないと、貧困ではあるが優秀な人材が学業に就いて才能を開花する機会を失い、国家としての損失になる。

 財務省の緊縮財政政策は、国を亡ぼす。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月12日

不服が一杯

金曜日
 昨日久しぶりに、トレッドミルでジョギングしたせいか、脇腹が筋肉痛。
 走ると、体を捻る動作が伴い、普段は使わないストレスが体に架かったせいだろう。
 ジムで、単一的なトレーニングをするだけでは体全体の動きが少ない為だ。

 さて、日本の総理がアメリカへ行ってはしゃぎまくっているのは、非常に不愉快だ。
 持ち上げられて、いままで国会で殆ど論議もされていない事案を、唐突に約束してしまう。 
 安全保障にかかわる発言の内容は極めて重いのに、この責任はどうとるつもりか。

 自民党は、派閥の裏金問題の原因解明を置き去りにして、処分だけを公表した。
 しかも処分の基準が、極めて不透明。
 当時党の派閥の長であり、自民党のTOPたる総理には、なんの処分は無い。
 組織の不祥事に、TOPが責任を取らないなど、民間企業ではありえない。
 塩谷議員が不服を唱える考えは、納得できるものだ。

 関係者の国会での証人喚問を行い、事実解明と動機的原因を解明しないと、再発防止策を作ることは出来ないだろう。
 
 その対策を、犯罪当事者であった国会議員だけで作るのは、不思議で不満だ。
 国会議員を統制する法を作るためには、第3者の目が必須だと思う。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月05日

油断ならない人

金曜日
 自民党の裏金事件の落とし前として、関連議員の処分が公表された。
 処分の重い軽いの、判定基準が不明朗で、自民党の議員からも不満の声が上がっているという。
 塩野谷氏は、猛烈に反発。
 それに比べて、世耕氏はさっさと『離党勧告』を受けて、離党。
 世耕氏は、地元の和歌山で自民党の応援など無くても自力で選挙に勝つ自信があるから、余裕の離党。
 
 自民党の役職停止処分となった、羽生田氏と松野氏は、現在党内の役職は無いのだから処分と云えるのか。

 岸田総理は、この党内の不始末を利用して、自分に反発する勢力排除を画策しているのだろう。
 
 岸田総理と云う人は、善人面しているが、本質は謀略家のようだ。

 総理総裁になって、いろいろ言ってきたが、中身が無いことが多くないか。
 何時になっても具体策を示さない『新しい資本主義』、『税負担は増やさない』と云っていなら防衛費のための新税、少子化対策の為には税ではなく『国民保険料の増額』を行う、等々。
 
 森本卓郎氏の『ザイム真理教』によると、岸田総理の財政政策は間違い。


 
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月04日

自民党は解党すべき

木曜日
 今週末の予定に悩む。
 おそらく、今年の桜の見頃は、今週末しかないだろう。

 さて自民党の処分が発表された。
 全く不明瞭で、処分に付けた差異の根拠が、さっぱりわからない。
 自民党が、自らの不祥事に対して自ら処分を下すことは、不適切極まりない。
 自民党のTOPである総裁自身は、まるっきり責任を取る姿勢が無い。
 二階氏は、次回の選挙に立候補しないというだけで、これが責任を取った形になる訳が無い。
 責任を取るというのなら、即刻議員辞職・政界引退が筋ってもんだろう。
 歳のせいで周りからもいろいろ批判があるから、ちょうどいい機会とみて『次は出ない』と云っただけだ。

 党のTOPなら、責任を取り即刻解党し解散総選挙に臨み、国民の審査を受けるべきだろう。
 当然解党するのだから、政党助成金は国庫返納が必要だ。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月02日

昨日は何の日

火曜日
 昨日の東京新聞は、とても面白かった。
 エイプリルフールの、嘘のニュースだ。
 18・19面に、満載。
 「永田町うわさの『地域通貨』」
 その名は、『カンプキン』。
 大笑いである。
 

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月22日

疑問だらけ

金曜日
 今朝の気温は低かった。
 天気予報では、北風は昨日より弱まるとのことだったが、相変わらずで寒い。
 でも、流石に彼岸になったから7時頃になると春の陽射の強さで、ぐっと暖かく感じる。

 香港で国家安全条例が成立した。
 これで、実質的に香港から自由は、失われ中国と同じになり、併合当時に共産党が世界に約束した1国2制度は破棄された。
 国家の安全というが、中国共産党を維持する為、反乱分子は排除すると云うモノ。
 
 ロシアの大統領選挙は、プーチンの圧勝。っていうか、あれって選挙と云えるのだろうか。
 政府のプーチンに反対する投票ができないような監視の下で、おこなわれた投票。
 ロシア国外の投票結果は、プーチンの得票は完全に負けているという。
 選挙結果は、政府の想定通りになるよう、投票率から逆算して投票数が作られている。
 まさに、猿芝居。

 中国の失業率の報道に驚く。
 中国は、共産主義で、統制経済のはずではないのか。
 それなのに、失業者が出るとは、どういうこと?

今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月19日

抜本的な手法を

火曜日
 自民党派閥のパーティ券売り上げ金キックバックの不正処理問題は、参議院の政治倫理審査会でも全く事実は不明のまま。
 政治倫理審査会は、事実解明の場なのだろうか。
 衆議院のWebサイトによると、
 『政治倫理審査会は、政治倫理の確立のため、議員が「行為規範」その他の法令の規定に著しく違反し、政治的道義的に責任があると認めるかどうかについて審査し、適当な勧告を行う機関です。』
 とある。
 TVの中継や新聞報道を眺める限り、『道義的責任』についての審議が行われているようには見えない。
 
 出て来た議員は、『言っていい・知らぬ・存ぜぬ・判りませぬ』を、繰り返しているだけ。

 議員が嘘をつけないような手法をつかったらどうなのか。

 審議中には、証言する議員にうそ発見器を取り付け、状態をモニターして嘘と思われる状況で前後の発言を追及するとか。
 
 TBSドラマVIVANTでモニターを問い詰める際に使用した、『自白剤』を使うとか。
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月15日

相応しいか

金曜日
 国会の答弁を、NHKの中継で少し見た。
 なんとも、岸田総理の答弁は、かみあわない。
 昨日の政治倫理審査会に出席した3議員は説明責任を果たしたかどうか、総理の見解を問われた時に、岸田総理は『政治責任を果たしたかどうかの判断は国民がするのものだ』と答えた。
 自身の判断を問われているのに、それに応えない。
 問題に対して、自らは判断を下していないのか。

 これを聞いて、この方は問題に対して自分で判断しないのではないかと思った。
 だから、これまでに閣僚が問題を起こした時に決して更迭をせずに、自発的に辞任するのを待った。
 
 自らが判断しないと云うことは、国のTOPである総理大臣として相応しい態度だろうか。
 自分で判断しリーダーシップを発揮しない人が、国の方針を下している。
 一体誰の意見を取り上げて、決めているのだろう。

 
 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月12日

弛んでいる

火曜日
 曇天の為、朝の気温は高く、暖かい朝だ。
 7時頃、パラパラと小雨が降り始めた。
 天気予報では、10時過ぎの筈だった。

 参議院の政治倫理審査会では、自民党の議員は3名が出席に同意したらしい。
 なんたる後ろ向きな姿勢。
 31名全員が、応じるべきだろう。
 また、自民党の和歌山での会合で、恥知らずなことを行った。

 全く、今の自民党の議員の倫理観は、どうなってるのか。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月04日

議員は凄い

月曜日
 国会議員の答弁を見ていると、感心させられる。
 あれだけはっきりと質問され、問いただされているにも拘らず、持論を展開して質問とは直接関係の無い事柄を延々と話し、質問には正面から答えない。
 参議院では、衆議院で行われた政治倫理審査会の結果に基づいてさらなる質問が行われるから、単なる事実報告では済まなくなるだろう。
 
 それにしても、国会議員たちの鈍感力は、凄まじいものだ。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月27日

岸田総理は何を目指すのか

火曜日
 自民党は、裏金問題の釈明を、一体誰に向かって行うために政治倫理審査会を開くつもりなのか。
 議員自ら釈明する貴重な機会だから、正々堂々と事実を展開すべきだろう。

 先日、野田元総理が岸田総理を問い詰めたことは、全くその通りである。
 岸田総理は、全く正面から答えることが出来なかった。
 
 岸田総理は、何故パーティーを開いて、金集めに執心するのか。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月22日

色々思う

木曜日
 朝、ちょっと寝過ごして3番電車で出勤。
 柏駅に近づくと、雨が濃くなって来た。
 流山おおたかの森駅に着いて、駅のコンコースにい登ってくる人を見ると、傘を持っている。
 雨が降っているのだからと、自分を納得させて柏の葉キャンパス駅までTXで行った。
 雨の日のR16沿いは、傘を射していてもトラックの巻き上げる水煙が体の正面から全身に吹き付ける。
 
 R16は路側帯が狭くて、車と歩道の間の間隔が狭い。
 尤も、このR16沿いは、歩行者が通行することを前提にしていないのではないか。

 この辺の道路事情を国会に報告して、改善工事の予算を取り付けるのが国会議員の仕事の一つだと思う。

 古い話だが、新潟県の国道8号線は、長岡から柏崎の間で急に道幅が広くなる。
 そこは故田中角栄の生家旧西山町。

 そんなところに、政治家の力が発揮されている。

 R16の柏市付近は、まったくそういったことが無い。
 柏市選出の衆議院議員に、データ漏洩の不安を問われたときに、パソコンが使えないからデータ漏洩の心配は無いと言い切った、桜田義孝議員がいる。
 議員の自宅の周辺は、全く特別な感じが無い。
 裏金問題の発覚した際に、『パーティ券のノルマがきつくて、派閥を脱退した』と発言している。
 氏は、パーティ券販売で、実質献金を支持者に強要することが出来なくて、派閥のノルマ分を自腹を切っていたと推察する。
 全く、正直な方だ。


 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月19日

ウクライナ復興支援には

月曜日
 ウクライナ復興支援の国際会議が日本で開催され、日本は大きな支援を約束した。
 これはこれで素晴らしいが、復興にこぎ着けるにはまず何が必要なのか。
 ロシアの侵略行為を止めることが出来なければ、復興は開始できない。

 日本政府は、まず復興の始まりにたどり着けるように外交面で協力し、現在の戦時下での経済的な支援を行うべきだろう。
 ロシアの戦闘能力をそぎ、ウクライナへの侵略を諦めるような、外交的・経済的な手法は無いのだろうか。
 
 地下資源、農林水産の資源が豊富で、自給自足が可能なロシアには、経済的な圧力は意味が薄い。
 電子機器や材料の供給禁輸をしようとしても、ロシアに協力的な某専制国家群が抜け道になってしまう。

 ロシアの民主的な動きは、ロシア国内では極少数派でしかない。
 日本のTVなどの報道では、プーチン批判が盛り上がっているように思わせるが、ロシア国内ではプーチン指示は圧倒的だ。

 今日本は、何をすべきなのか、国会で真剣に議論して欲しい。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月14日

明瞭な説明を

水曜日
 自民党の派閥裏金問題に、自民党は明瞭で説得力のある調査資料を提出出来ていない。
 小学校6年生なら恥ずかしくて提出出来ないような、アンケート調査結果。
 
 事実を明らかにするのは良いが、まったく不十分な調査である。

 今回の裏金問題については、現象面の経緯の解明が必要であり、動機的な責任解明が重要だ。
 なぜあのような不正な金銭のやり取りを是として、何十年も続けて来た原因は何なのか。
 派閥は、新人議員の教育に必要な仕組みだと、某議員が語っていた。
 その教育で、裏金の作り方を教えていたのかぁ。
 どうなんだ、説明しなさいよ。

 国会議員には、使途を公開しなくてよい金が多数あるようだ。
 ちょっと前に問題になった、『文通費』もそうだ。

 民間企業なら、経費は領収書を添付して請求する。使途を公開できない金は、自腹で負担するしかない。
 帳簿に掲載しない使途不明金は、何に使われたのか。 
 使った金は、使途を全て公開すべきだろう。


 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月09日

大丈夫か

金曜日
 昼のNHKニュースで、森山文化大臣は、『記憶に無い』を繰り返したと伝えた。
 この方、最近の記憶が危いのなら、認知症の疑いが大きいのではないか。
 入院して、検査されたらどうだろうか。
 脳の機能障害があると、昔の記憶は鮮明に残るが、時間的に近い記憶が薄くなる症状を示すという。
 
 外傷的な脳高次機能障害に陥った兄は、新しい記憶が殆ど残らない。
 
 昔、耄碌爺さんが、昔の話を何度も何度も繰り返し話していた。
 新しい記憶は定着が難しくなるが、古い記憶は驚くほどしっかり残っているものだ。

 昨日の朝、新鎌ヶ谷駅のトイレの個室に文庫本を置き忘れた。
 これで、3冊目。
 北総線内で読んでいて、手に持ったまま乗り換える途中でトイレの個室に寄り、トイレットペーパーのホルダの上に置き忘れた。
 以前、1回は駅の執務室に尋ねたら、保管されていて戻って来た。
 ブックカバーが惜しい。

 今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月02日

何のための裏金?

金曜日
 昨夜スマホを充電する際電源を切って、今朝再起動。
 たまに、再起動した方が、動作が良いように思う。

 東京新聞は、今『神宮外苑の再開発の真相』と題して、新宮外苑の再開発の経緯を探っている。
 そこには、森元総理の、異様な影響力が発揮されたとされている。
 なぜそれほど、森元総理が発言力があったのだろうか。
 そこには、自民党安倍派の裏金が、絡んでいるのではないだろうか。

 人の意見を封じ込めるのに、金の力を使っていたのが、自民党の政治だったのでないか。
 そのために、税金の掛らない金が必要だったから、政治資金パーティをせっせと開き、裏金を作っていた。

 自民党の政策は、周囲の意見を醸成するために『裏金』をばらまいて、世論を偽装して国会で野党を言いくるめて作ったものか。
  
 裏金は、そのために必要だったのでは。
 だから、派閥解消にも後ろ向き。
 
今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月01日

暖簾に腕押し

木曜日
 国会の答弁を聞いていると、正に暖簾に腕押し。
 野党の議員が質問しても、『その指摘は、当たらないと思っている』の繰り返し。
 何のことは無い、『総理、あなたのその認識が間違っている』と、誰か言ってやれ。

 自民党の裏金問題は、普通に民間なら所得隠しで『脱税』だろ。
 何故国会議員だけが、収入を隠して『報告書の修正』だけで許されるのか。
 政治資金規正法が『ザル法』だと云われ、国会議員も認識しているようだ。
 もともと、議員自身が作ったから、抜け道だらけになっている。
 議員には、責任が及ばない、議員辞職を問われない作り。

 さすが、優秀な議員『先生』達だ。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする