2007年10月12日

笠間稲荷神社

金曜日

10月06日の笠間の散歩、北の蕎麦畑を見た後、街の中心にある笠間稲荷神社を訪ねた。

市内を歩いても丁度お昼時のせいか、道行く人は非常に少ない。
大きな石灯籠幹線道路から神社の駐車場を示す看板を参考に歩いて、神社の角にある大きな石灯籠の所に出た。
なんとなく、正面の鳥居がどこか分からず、横から境内に入り込む。
そこには、社の形の鉄筋コンクリートの建物があり、少々興ざめ。









境内笠間稲荷本殿正しく鳥居のある参道から境内に入ると、ちゃんと時代を感じさせる。
更に奥に、この本殿があった。
手前にある2つのテントは、13日から催される菊祭りの準備に置かれたもの。
テントの中には、もう幾鉢か菊の花が置かれていた。
おみくじを頂いたところ、『吉』。

今度の菊祭りは、開催100回を記念して、14日に市民体育館で小椋桂氏のコンサートがあるそうで、おみくじの横にポスターが置かれチケットが売られていた。


笠間小正門横鳥居の前の通りには、蕎麦屋やみやげ物屋さんが並んでいる。
車を停めておいた芸術の森へ戻る途中、笠間小学校の前を通った。
そこは静かな市内とは、うって変わって賑やか。
運動会が行われていた。
小学校の正門の横に、この地に昔『藩校』が在ったと記されている。

さて、芸術の森へ戻ると、焼き物フェアに多くの人が来ていた。
普段はあまり陶芸品に興味のない私も、ついつい見入ってしまう。

茨城県陶芸美術館で、『北大路魯山人と岡本太郎展』を見学。
初めて、魯山人の書や陶芸の作品・岡本太郎の作品まじまじと見た。
魯山人が、岡本太郎の祖父に書家として弟子入りした人だったと、初めて知った。

岡本太郎氏の作品は、黒の使い方が少々怖い。
あの大阪万博のシンボル、太陽の塔の裏側に黒い太陽が描かれていたことも初めて知った。

約2時間見学し、夕方4時頃帰路に着いた。

帰りの道は旧道を走り、石岡の市内を通った。
石岡市内は、古い蔵が立ち並ぶいい雰囲気、石岡もじっくり歩いてみたい。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 笠間の散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

笠間散歩その5

木曜日

10月06日、市内の神社・お寺を巡って、普通のお寺の立派さに感嘆し、次いで市の北の大井神社へ。
この途中、大淵神社へ寄ろうと思っていたが、2万5千分の一地図には無い県道が整備されており、知らず知らずのうちに遥かに北側にずれてしまい、大井神社への道を歩いていた。

笠間市大井神社親子杉
遠くからでも、神社の案内看板が見える。実に親切。
小さな堀に架かる石橋を渡り、数段の石段を登ると、そこは見事な杉並木の参道。
中でもひときわ太い2本の杉が目を引き、そこに『親子杉』の石碑が建てられていた。
杉に囲まれた200mはあろうかという長い参道の奥のほっと開けた場所に、大井神社の本殿があった。

静けさが、心地よい。

この後、まだ早かったので、更に北へ歩く。

飯田地区の蕎麦畑白い花をつけた蕎麦畑が広り、遠目に綿のように見えた。
こんなに広い蕎麦畑は、初めてみた。

ここから、南の市の中心である日本三大稲荷である、笠間神社へ向かった。

幹線道路は日陰も少なく、秋晴れの太陽に焙られ歩いていて少々汗が出てくる。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 笠間の散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

笠間城

水曜日

10月06日、笠間への散歩の目的の一つ、笠間城址へ。
玄勝院から西側へ出て、道路に建てられた道しるべに従って小路を登り、佐白山麓公園に出る。
笠間城址のある佐白山を巡るハイキングコースの案内があり、それに従って笠間城址のある海抜208mの佐白山山頂を目指して歩く。

佐白山公園大石蔵之介の像広々とた公園で、桜や紅葉の季節は綺麗なことと思われる。
そこに建てられている銅像は、なんと忠臣蔵の討ち入りの姿の大石蔵之介。
かつて、笠間はあの浅野氏が藩主を務めた時期もあったそうで、公園の下には大石邸跡も在った。

笠間城天守跡山道を登ると、山頂の手前に天守跡の石碑があった。
石碑の近くには、笠間小の作った案内板があり、『笠間城は明治になって廃城となり、本丸と共に壊された』と記されていた。
この近くまでは車で登ってこれるが、ここからは急な石段が山頂まで続く。




天守跡の石垣山頂手前に石垣が残っていて、崩壊の危険があるらしく周囲はロープで規制されている。
山頂の神社その先、傾斜の急な苔むして角が取れすべりがちな石段を登ると、佐白山山頂の佐志能神社がある。
山城である天守の跡に、この神社が建てられている。
神社の周囲は狭く、人一人が歩いてやっと周れるほどしか余地がなく、よくぞこんな所に石を積んで天守閣や神社を建てたものだ。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 笠間の散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

笠間の玄勝院

火曜日

笠間で芸術の森公園からギャラリーロードを歩いてきて、笠間城祉公園へ目指した途中にこの石碑があった。

玄勝院への石碑低いほうの石の柱の上面には、玄勝院の説明が掘られていた。
『江戸時代初期、曹洞宗の総寧寺(市川市)から巨海良達和尚が隠居した。学風と徳を慕って訪れる者多く、和尚のいる所を山居と称した。後にこの地一帯の地名となり、武家屋敷もあった。』
この文に惹かれ、この奥へ足を進めた。

玄勝院参道山門
ゆったりとした参道、こじんまりした山門。
いい感じだ。
山門をくぐったら、正面には本堂が再建の為基礎工事中、右手に奥の山にある墓地に続く古い石段があった。
手持ちの2万5千分の一の地図によると、ここを昇れば笠間城跡のある佐白山へ行けるように見えた。
苔むした石段をのぼり、墓地の横の急な坂を上り詰めたが、道は続いていなかった。 残念。
石段を登っている時、墓参をされている檀家の方をお見かけした。
本堂が再建中だったのは残念だったが、多くの檀家に支えられているお寺であると感じ入った。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 笠間の散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

笠間の散歩その2

月曜日

10月6日、芸術の森から笠間の市内を歩き始め、しゃれた外観のお店が多いことに感心した。

豆腐屋カフェか?
左は、豆腐屋さん。隣は、一見しゃれたカフェだと思ったが、アクセサリーか何かの工房で、女性が一所懸命に作業中だった。


陶芸の窯元ドライブインの隅に
玄勝院というお寺の近くにあった左のこれは、一見料亭の入り口かと思ったが、陶芸の窯元。

右は、県道に面したドライブインの隅にあった。


また、普通の商店も、『ちょっとアートしているなぁ』という雰囲気の所が多かった。

この頃は、まだ午前中の10時頃のため、人通りも少なく街の中は極めて静かだった。

ところが、市の北側を歩いて戻ってきた午後も、やはり市内は笠間稲荷の周囲を除くと、変わらずに静かなもの。
さて、これは一体どうしたことか、寂れている?




今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 笠間の散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

笠間の散歩その1

日曜日
だけど、昨日の笠間を振り返る。

スタート・ゴール朝9時半、車で笠間芸術の森公園に到着。
家を7時40分頃出発。ネットで検索したりしていたため、出発時刻が少々遅くなったので。柏から高速道路を利用した。
ここを笠間市の散歩のスタート・ゴール地点にして、午後4時頃までに帰ってくればよい。

公園内をぐるぐる回って公園中央の着いたら、丁度この3連休に『笠間焼フェア』が開催され、その準備作業の真っ最中。
これは好都合、ここをスタート地点に選んだこと俺って、ついている。


茨城県陶芸美術館陶芸フェアの会場のから、広場をはさんだ向かい側に、茨城県陶芸美術館があった。
なんと、特別展示として『北大路魯山人と岡本太郎展』がある。
これは、まず見て行こうかと思ったが、開館時刻は9時半ともう少しだった。
これは市内を歩き回ってから、あとでのんびりここを見物することにして、2万5千分の1の地図を頼りに歩き始めた。



今日の日常
posted by 野内 悟 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 笠間の散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする