2021年04月10日

エアコン取替

土曜日
 今の家を買った時に設置されていた洋間のエアコンが、昨年の12月頃から壊れていたというので、先々週ケーズデンキへ行き購入。
 今の家は、3DKで3部屋全てにエアコンが取り付けられていて、台所と隣接する和室にはダイキン、北側の和室には三菱、洋間には富士通ゼネラルが付けてあった。
 北側の和室のエアコンは、室外機へパイプを通す穴もないのに無理やり取付てあったため、ガラス戸の片側が開け閉め出来ない状態だったので、引っ越す際に撤去。
 所と隣接する和室のエアコンは、前の自宅で使用していたエアコンより、5年ほど新しかった。
 引っ越す前の一昨年8月に運転してみたら、まだ良く効くので継続使用とした。
 洋間のエアコンを買い替える際、2台とも買い替えようかと思ったが、ダイキンのエアコンはそのまま使用続けることにした。

 新しいエアコンは、成績性能係数が最高クラスの、日立のしろくま君。
 室内機や室外機の主要部分がステンレス製で、自動清掃するタイプ。

 先週日曜日に工事の調査見積もり、今日が取替工事。
20210410_エアコン.JPG20210410_分電盤.JPG 9時50分頃、ケーズデンキの契約工事業者が到着。
 機器の取替と、専用コンセントの追加工事を行い、13時頃終了。
 分電盤に安全ブレーカーを1個追加し、壁に穴を空けてケーブルを通して、専用コンセントを追加。
 この住宅公団の住宅は天井裏が無い為、ケーブルの追加工事が大変だ。

20210410_延命寺裏.JPG20210410_延命寺観音堂.JPG 久しぶりに、金山落しの今井の桜から平塚の延命寺へ。
 しろい環境塾のところへ登る坂の途中には、シャガが咲いている。
 延命寺さんは、墓地際の建物の工事中。

 延命寺の観音堂の裏手に、赤いつつじが咲いている。

20210410_チューリップ.JPG 神々廻木戸の木下街道沿いに、小さな花壇があり、ボタンのようなチューリップが咲いている。
 この花壇は、造園業の方が手入れされているのだろう。
20210410_芝桜.JPG
 白井市の老健施設菊華園のところに来たら、さかんに犬の鳴き声がしていた。
 神々廻船尾街道に下る途中に、見事な芝桜が咲いていた。

 18時頃法目の佛法寺に来たら、山門が閉じていた。
 この寺の門が閉じているのを、初めて見た。




 今日の日常
posted by 野内 悟 at 21:44| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月09日

勝手な振る舞い

金曜日
 桜の花は、八重桜に移った。
 昨日のにわか雨で、桜蕊がどっと落ちて、ソメイヨシノの木の下は赤く染まっていた。
 街路樹のハナミズキは、白や薄紅色の花をつけている。
 
 いろんな色の花が咲き始めて、ああ春だなぁと思う。

 今朝は、小学生たちの集団登校の姿が無かった。
 代わりに着飾った親が付き添った子供の姿があった。きっと入学式なんだろう。
 デジタル一眼を首から下げている父親もいた。
 息子たちの入学式には、長男の時は行ったような気がする。よく記憶していない。

 福島原発の汚染水がたまり続ける。
 海洋放出を、10年前から行っていれば、あんなに貯水タンクを山ほど作らなくとも良かったのに。
 これから海洋放出のための、海水を取り入れて濃度を下げるための設備を作るのに、約2年間も掛かるという。
 あの長期政権を保っていた自民党は、重要で国民の理解を得難い問題はなんでもかんでも先送りしてきた。
 憲法解釈の変更など、強引に押し切ったように、どうして重要な課題を先送りしてきたのか。
 
 安倍政権の罪は、重い。
 
 トリチウムを含み汚染水の海洋放出は、すでに決定事項と報じられているのに、菅総理は全漁連の会長と会談した。
 全漁連は海洋放出に『絶対反対』と主張している。
 
 どんな会談になったのだろうか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:30| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月08日

スピード違反

木曜日
 ダイヤモンドオンラインで、スピード違反が多い都道府県ランキング【47都道府県・完全版】が公開。
 なんと千葉県は、31位。
 俄かに、信じがたい。茨城22位、栃木40位、東京42位。
 そういえば、最近スピード違反の公開取り締まりに、遭遇したことが無い。

 スピード違反は、それほど問題なのかな


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:12| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月07日

ポンコツ

水曜日
 北朝鮮が、東京オリンピック不参加を表明した。
 日本の感染対策が、一向に有効性を見せていないことを見れば、当然の対応だ。
 ある経済評論家の説では、『北朝鮮が経済的に困窮していて選手団を日本に派遣する巨額の費用を賄えない』という。
 
 日本の感染状況は、韓国や台湾、中国に比べると、継続して新規感染者が発生している。
 欧米や中南米の国々に比べると、数は少ない。
 一桁以上少ないから、絶対値はたいしたことは無い。

 期待されるワクチン接種は、優先される医療関係者へも、まだ2割程度しか進んでいない。
 接種のスケジュールも、じわじわと先延ばしになっている。

 先日、八王子と世田谷で65歳上の高齢者への接種が開始されたが、総理が『4月中に開始する』と発言したことのアリバイ造りに過ぎず、やった感を作っているだけ。
 ワクチン2箱1950回分を配布しただけで、継続して届けられるとの報は無い。

 マスコミは、新規感染者数を毎日報じているが、ワクチン接種の進捗状況を報じないのは何故だ。

 新型コロナ対策について、世界各国と比べられる課題に、日本政府の対応が如何にもポンコツであることは明白。
 全くもって、先進国とは云えない。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:35| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月06日

無対策

火曜日
 またまた、新型コロナの感染が拡大しつつある。
 現在は、大阪を中心とした、関西圏に多く見られる。
 本当に、関東も感染者が少ないのだろうか。
 検査をしていないから、変異株の感染者が少ないだけではないのか。
 
 ワクチンの高齢者への接種が始まった。
 都内は、八王子と世田谷区のみ。しかも、どちらも1950回分だけ。
 世田谷区は高齢者の老人養護施設の入居者に割り当てたが、八王子は希望者の申し込み先着順。
 全く、焼け石に水だ。
 医療従事者へのワクチン接種がどれくらい進んだのか、新聞や放送局も報じない。

 まん延防止等特別措置と、名称を変えた緊急事態宣言と同じ対策を、政府が進めている。
 名前だけ変えて、対策は何も変わらない。

 今までの対策の、何がどれくらい効果があったのか、効果の検証もしていないから、この先の拡大抑止は期待薄。
 殆ど、無策と違うか。

今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:31| Comment(0) | 言いたい放題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

花咲くお寺

月曜日
 土曜日、カタクリ自生地を見た後、東武野田線の高架下を潜って、観音寺へ。
20210403_観音寺の門.JPG20210403_観音寺桜の花びら.JPG 逆井中学校の校庭向かいから、道を渡って山門へ向かうと、散り始めた桜の花びらで、地面が覆われて土の地肌が見えないほど。
 水面を覆いつくす花筏も素晴らしいが、これもまた良い。

 山門をくぐると、観音寺の花壇にボタンの花が、少し咲いていた。
20210403_観音寺のボタン1.JPG20210403_観音寺のボタン2.JPG まだ、少し時期が早く、咲いているボタンの花は少ない。
 
 例年なら、4月の中旬から咲く花。

20210403_観音寺のボタン3.JPG20210403_観音寺のボタン4.JPG 咲いているのは、赤い花と白い花。

 黄色い花は、まだまだ先だろう。



 今日から、小中学校は新学期らしい。
 柏の葉キャンパス駅付近で、またワイワイと小学生たちが群れて歩いて行く。
 マナーも何もなく、迷惑な歩き方。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 22:28| Comment(0) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月04日

今日は2輪のコース

日曜日
 今日は、筑波サーキットで開催された、2輪のレースのコース員を頼まれ、ライセンスもないのに出席。
 国内の2輪のレースを取り仕切っている団体は、2つある。
 MFJとMCFAJ。
 今日のレースは、MCFAJが仕切っている。
 
 クローズドサーキットで、ライダーやドライバーにコース員が意思を伝達する手段は、旗による合図。
 困ったことに、2輪と4輪で旗が若干違う。
 今日の2輪のレースでは、旗の運用の仕方が、MFJとMCFAJで異なっている。
 走行するライダーにとっては、所属団体がいつもと同じなのでなんら戸惑うことはないのだろうが、コースで見守るコース員にとっては困り果てる。
 旗の出し方も、振動と静止の違い。事故地点の手前の監視ポストで、危険を知らせ追い越し禁止とする合図の『黄旗』の運用。
 今日のMCFAJは、事故地点の直前と、そのまた手前のポストで、黄旗を振動表示するルール。

 25年くらい前、4輪では事故地点の直前のポストは黄旗を振動、その一つ手前のポストでは予告の意味で黄旗を静止表示していた。
 だが、これでは追い越し禁止区間が長すぎるため、予告旗は廃止になった。

 今日の予告ポストでも黄旗を振動をすると、ライダーたちは何処からが事故地点か分らなくなる。
 また、黄旗を表示するポストでも、先のポストに黄旗が振動表示されていたら、こちらも振動表示することになる。
 各ポストからは、コースは隣接するポストまでしか見通せない。
 だから、先のポストに黄旗が振動されたら、自ポストでも予告の為に黄旗を振動することになる。
 すると、どこかで黄旗が振動されたら、コース全域で黄旗を振動する羽目になる。

 全くバカなルールである。

 今朝のコース員へのブリーフィングでは、やたらと『いつも通り』と繰り返していた。
 今日初めてこの主催者のレースに、オフィシャルとして来た人間に、『いつも通り』は通用しない。
 レースのコース員は、毎回その都度組織するものだ。
 おまけに、統括する団体により、ルールが違うのだ。
 筑波サーキットのローカルルールは、主催者に拠って幾つも存在する。
 主催者にとっていつも通りであっても、確認のために一つ一つ説明するべきである。

 朝のこのブリーフィングで、この主催者には何を云っても駄目だなと思った。


今日の日常
posted by 野内 悟 at 20:05| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする